Medical Treatment

視能訓練士になる方法を伝授|プロを目指して

業務の実施に必要な能力

検査の正確性と会話力

眼

視能訓練士は、眼科医の指示に従って、目に関する検査や目の機能を回復するための訓練を行う仕事をします。
眼科の治療も視能訓練士の検査結果に基づいて行われますので、眼科治療において非常に重要な役割を果たします。
視能訓練士の業務は、眼科に関する一般的な検査、視能矯正、リハビリ関連業務の3つになります。
専門の養成所で専門知識を習得していますので、眼科の専門家と言えます。
最近ではレーシックによる視力の回復を行う人も増えており、そのようなクリニックで働く視能訓練士も増えています。
眼科関連検査では、目に関する様々な検査を行いますので、正確な検査を行えるかどうかは重要なポイントです。
視能訓練士になるために求められる能力として、様々な検査を正確に行えるかどうかが重要な適正と言えます。
眼科検査に用いられる検査機械は複雑なものが多いため、検査結果を読み取る知識だけでなく、検査機械の操作能力なども必要とされます。
また、患者さんのリハビリにおいても視能訓練士は大きく関与します。
リハビリに関しては眼科医よりも視能訓練士が患者さんと接する機会が多いため、コミュニケーション能力が求められます。
患者さんの気持ちを的確にとらえて、また、眼科医の考えを適切に患者に伝えることができなければなりません。
視能訓練士は、眼科関連検査を適切に行う正確性とともに、患者の気持ちや眼科医の意思を的確につかむコミュニケーション能力が必要とされます。

高い取得率と就職率

ウーマン

就職難となっている現在では、就職率を高めるために多くの学生が資格取得に励んでいます。
そしてその資格の中でも特に注目されているものが、視能訓練士資格です。
国家資格なので、取得するには国家試験に合格しなければなりません。
またその受験資格を得るためには、大学や養成学校で学ぶ必要があります。
学習には少なくとも3年の年月を要するので、視能訓練士資格は、やや敷居が高い資格とされています。
しかし国家試験は85〜95%ほどの確率で合格できますし、資格取得後の就職率に至っては、約100%となっています。
つまり学習期間はやや長いものの、それを乗り越えれば、高確率での取得と就職とが可能になるということです。
そのことから、視能訓練士を目指す学生は増加しています。
また視能訓練士は、将来性があることからも話題となっています。
なぜなら現在は、パソコンや携帯ゲーム機などの普及により、視力低下に悩む人が増えているからです。
特に子供の視力低下が進んでいるため、それを食い止めるためにも、視能訓練士の活躍は社会から大いに期待されています。
たとえば市区町村で行われている3歳児検診でも、視能訓練士による視覚検査が導入されるようになったのです。
さらに視能訓練士には、高齢者のための働きも求められています。
老化で視力が低下する高齢者の数が、今後一層増えることが予測されているためです。
このように、より良い社会へと発展させていくためにも、視能訓練士の資格取得は推奨されているのです。

見えることへのリハビリ

メンズ

最近の大きな眼科医院のホームページを覗くと、視能訓練士という肩書のスタッフを起用している所が目に付きます。
町の小さな眼科医院ではお目にかからない資格の人です。
この視能訓練士とは、どのような人なのでしょうか。
一言で言ってしまえば、目を詳しく検査する人、目の症状の改善やリハビリを助ける人ということになります。
眼科医療の主役が眼科医なら、視能訓練士はその名脇役ということになります。
現在、医療の世界は目覚ましい進歩を続けています。
眼科医療の世界も例外ではありません。
これまで、不可能とされた光を失った人への治療も可能となりました。
そこで、重要になるのが、再び物を見るための訓練です。
目は、一度機能を失うと、再び見えるようになっても大きな障害が残ります。
そのような人々に対して、視能訓練士の人たちは視能回復に向けたリハビリのお手伝いをするのです。
目の病気の治療や手術をするのは医師ですが、目の機能の回復に向けた訓練やリハビリは視能訓練士の役目です。
目の重大な病気や症状は、もはや医師だけに委ねられるのではなく、専門のスタッフも必要としているのです。
また、眼科医療に於ける様々な機材を駆使できる専門家も需要が高まっています。
そのような背景の中で、視能訓練士の人材を必要とする病院は多く、これからも人材の獲得に向けた競争も激しくなる勢いです。
今後、町の眼科医院でも、視能訓練士の肩書を持つ人が増えると予測されます。

眼科で働くための適性

相談

視能訓練士として仕事をしていくためには、様々な年齢層の患者さんとスムーズに接することができるようなコミュニケーション能力が必要になります。また、様々な検査を行うため、文系よりも理系の能力が求められます。

もっと読む

養成機関で座学と実習を

勉学

視能訓練士は国家資格なので取得するためには国家試験を受ける必要があり、そのためには養成機関に通う必要があります。養成機関では座学だけではなく実習も行います。学内実習は座学と並行して行われ、動物を使って生物学を学ぶことになります。学外実習は実際に現場で臨床実習を行うことになります。

もっと読む

活躍の場が広がります

視力検査

視能訓練士は眼に関するさまざまな知識を習得し、国立医療センターや公立の医療機関などに勤務しています。眼科診療や両眼視機能に異常のある人の訓練、就学前の健康診断による眼病の早期発見など、活躍の場所がさまざまあります。

もっと読む