Medical Treatment

視能訓練士になる方法を伝授|プロを目指して

活躍の場が広がります

早期発見をサポートします

視力検査

視能訓練士は国家資格を持った医療技術者です。
主に眼科を中心とした職務に携わり、さまざまな眼の治療を行っています。
眼科による視能検査では、遠視や近視、乱視といった屈折異常を調べたり、白内障や緑内障といった眼病の発見、治療を行います。
また、メガネやコンタクトの処方も行うことができ、眼科診療では欠かせない内容を網羅しています。
視能訓練士は当初、両眼視を行うことが難しい斜視や弱視に対する回復訓練をメインに仕事をしている人が多くいました。
目の異常は就学前の健康診査から発見される場合も多いため、視能訓練士は早期発見、早期治療を目指して国立医療センターや公立の医療機関に勤務しています。
視能訓練士になるためには高校を卒業後三年間、大学卒業後一年以上、視能訓練士養成施設へ入学して専門的な知識を習得しなければなりません。
その後、年に一度の国家試験を合格して視能訓練士法に基づき医療技術者として働くことができます。
眼科診療チームの一員としてさまざまな検査を行うことができる専門職のため、幅広い場所で治療を行う機会があります。
眼科を要する病院では視能訓練士の資格を持っていることでオファーを受けやすくなり、活躍の場が広がります。
最近では生活習慣病の検診から視能低下が発見されたり、三歳児検診から両親でも気が付かなかった視能異常が見つかるなど、早期発見に役立てるとともに、高齢になり、低下した視能をリハビリを行うことで状態を維持するサポート役にも一役買っています。

資格取得の課程

眼

視能訓練士は視覚機能に不具合がある方のサポートを医師の指示の下で行います。
この専門資格を取得している医療従事者は医療機関の眼科をはじめ、各種の検査機関や視力回復のリハビリなどの業務に従事することになるのです。
視能訓練士になるためには公的な教育機関で学んだ後で専門資格を取得する事が必要です。
高等学校の場合は三年間の専門課程を修了し、その後で国家試験を受験する事になります。
しかし、既に関連性の深い医療課程を大学で学んだ学生や看護学校を卒業した方の場合、視能訓練士になるために一年間の専門課程を修了する事で国家試験の受験資格を得ることが出来るのです。
このことから医療に従事することを希望する幅広い学生にチャンスを与えているのです。
更に、視能訓練士は、国家試験を取得することで様々な場所で活躍することができます。
視能訓練士の有資格者は多くの場所で求められており、医療機関の眼科をはじめ、各種検査機関や教育機関などでも必要とされている存在です。
そして、職務経歴を重ねて視能訓練士としての実績を積み重ねることで、視能訓練士を養成する教育機関で働く事も可能です。
これは経験に培われた技術と情報を多くの学生に提供していく仕事です。
その為、新たな視能訓練士を育て社会に貢献できるという大きな意味を持ちます。
このことからも視能訓練士として活躍を希望する方が年々増加しており、視覚障害を持つ方に貢献しようとする学生からこの医療資格が注目されているのです。

視能検査と眼科治療

婦人

最近注目を集めている視能訓練士とは、法律に基づく国家資格を有する眼科専門の医療技術者です。
眼科において医師の指示のもと視能検査を行ったり、視力の訓練治療に従事しています。
視能検査には様々な内容がありますので、眼科医だけでは対応できないのが実情です。
そのため、専門家である視能訓練士の存在が必要なのです。
視力、視野、屈折などの検査だけでなく、超音波や写真撮影など様々な方法による検査があります。
この検査で正確な結果が出ないと、その後の眼科医の治療を適切に行うことができません。
眼科治療の一連の流れの中で、視能訓練士による視能検査の結果が重要な意味を持つのです。
視能訓練士になるためには、国家試験の合格しなければなりませんが、その試験を受けるためには、高卒の場合には3年以上、大学・短大及び看護学校卒の場合には1年以上、専門の養成所で学ばなければなりません。
国家試験の合格率は80%を超えていますし、合格者数が決まっているわけではなく、一定の知識を習得していれば合格できます。
視能訓練士を目指すためには、様々な検査を的確に実施できるだけの技術的な能力が必要になるとともに、リハビリや治療を患者さんと一緒になって行うことになりますので患者さんとのコミュニケーション能力が必要になります。
レーシックによる視力回復を行う人が増えている昨今では、レーシック・クリニックに就職する視能訓練士も増えており、活躍の場はますます広がっています。